Travel in Mali 2008 その1





2008年6月、長年行きたかったマリに行ってきた。

ケニア大統領選挙後の大混乱に、心身ともに疲れ果て、貯まったマイルを使って心の休息の旅に出たのだ。

昔からサリフケイタやウームサンガレが大好きだった。

ロキアトラオーレやハビブコイテも好きだ。

歌詞にときどきマサヤという言葉が出てくるのも気になっていた。

さて、バマコに着いたはいいが、フランス語がさっぱりわからん。

街まで行く途中でシエラレオーネ出身のモハメッドに出会う。

モハメッドは英語を話す。そのままバマコの町を案内してもらう。

音楽を聴きたいと言うと、街のはずれのジェンベフォラ、ママドゥコナテのところへ。

ひとしきりジェンベやドゥンドゥンをたたき、コラまで弾かせてもらった。

翌日モハメッドとバマコ郊外のシコロニ村と、さらにはずれのバダラブグゥ村に行った。


バマコ中心街は人とバイクと車がごった返してて、まっすぐ歩けないほど。でも街から少し離れるとのどかな村風景が広がっている。

がけを登ってあたりを見渡すと、どこまでも土色の家々が続いている。

空気が乾いている。ここは乾燥地帯だ。照りつける太陽もケニアとは違っている。



この頃は丁度雨季の始まりの時期で、もう何度か雨が降ったらしく、木々が若葉をたたえてて綺麗だ。

村を散歩すると、子供たちが遠巻きに指差している。

「ティバブー!ボンソワー?」

うーんフランス語圏だ。でもやっぱりフランス語より現地語のバンバラだろうという事で、モハメッドにすごしずつ教えてもらう。

「アニソゴマ、イニチェー、ンネトゴマサヤ。」(おはよう、ありがとう、名前はマサヤです。)


これだけでもまったくなせないのとはだいぶ違う。フランス語よりも打ち解ける気がする。

マリの人々はよくお茶を飲む。しかも濃いーいやつ。



これに砂糖をたっぷり入れて、なぜか一生懸命泡立たせてから、小さいグラスでキュッと飲み干す。時々ミントも入れてさわやかに。

行く先々で何度ももてなされる。これで暑い日ざしの下でも元気に動けるのだ。

「マサヤ、テーアジャラ?」(お茶おいしい?)「アウォ、テーアジャラ」(うんおいしい。)

これだけでとても喜んでくれる。


マサヤとはバンバラ語でチーフと言う意味?らしい。おかげでどこに行っても歓迎してくれる。

翌日、ドゴントレッキングのためモプティ行きのバスに乗る。

出発前に6~7時間と言われていたが、13時間かかり、翌朝の5時にモプティについた。

バスの中で隣の席のアブドゥライ君と親しくなり、ひとしきりバンバラを教えてもらう。トレッキングが終わったら連絡するよと言って、モプティで別れ、そのままバンジャガラへ。



「バンジャガラについたらガーナ人のソリを探せ」とバマコでモハメッドに言われていた。

モプティからぎゅうぎゅう詰めのブッシュタクシーで2時間、土獏の果てのようなところに村が現れた。バンジャガラ到着。

「ソリを知らない?」とたずねると、「ついて来い」と言われ、そのまま民家の塀の中へバイクで連れてかれる。

「ここがソリのオフィスだ。」

塀の中には牛が一頭つながれ、日陰で老婆がお茶を飲んでいる。オフィスと言うイメージはまったく当てはまらない。

家の中へ入ると長身の若者に出迎えられる。彼がソリ君のようだ。

「バマコのモハメッドの紹介で来た。」というと、「どのモハメッドだ?」「シエラレオーネのモハメッド」「おーあいつか!よし解った」 と言う感じで難なくソリ君に繋がった。

ソリ君は「ママドウドゥンビアと行く、音楽と文化を学ぶスタディーツアー」の現地ガイドもしている。

写真を見せてもらうと見たことある顔が、「あれ?この子今ケニアにいるよ。この前僕らのツアーに現地参加した子だ。名前は確かアヤエ。」

「えー!あのファニーガール知ってるのか?あいつがオレにスワヒリ語を教えてくれたんだ。アクナマタタ!」

「それハクナマタタだよ。」

残念ながらソリ君はこの日からブルキナに行くことになっていたので、バマコでまた会おうといって別れた。


バンジャガラはドゴンのキャピタルビレッジ。この日は週に一度のマーケットの日で、遠くからロバ車や頭に大きな荷物を載せて続々と人が集まってくる。



賑やかなマーケットの雑踏、見たことないものが一杯ある。

マーケットを抜けどぶろくを飲みに行く。酒と言うより酢のような味。





ほろ酔い加減で村のはずれまで来た。

茶色い道、茶色い家々、空もかすんで茶色っぽい。


突然大粒の雨が降り出した。

雨は土埃をあげ大地に打ち付け、カラカラの空気が急激に冷やされる。

が、大地ははまだ熱気を帯びていて、足元だけがあったかい。

だんだん雨が強くなってきたので、一緒にいたデビッドと近くの家先まで走った。

雨を逃れて駆け込んだバラックの中は薄暗く、奥は良く見えない。

デヴィッドはまるで自分のうちのようにくつろいでいる。

よく見ると奥のベッドの上に少年が何かを抱えて座っている。

近づいてみるとまだホンの小さな赤ん坊、5日前に生まれたばかりだそうだ。

少年はうれしそうに赤ん坊をあやしている。弟なのか、それとも自分の子だろうか。